« 原発再稼働の違和感「USJ10周年」 | トップページ | ハイブリッドの時代がやってきた「USJ10周年」 »

2012年3月25日 (日)

別格 「平安の守護神」

Nara0145

上賀茂神社から一つの線をさかのぼることができます。

明治時代に官幣大社筆頭、平安時代には「正一位」の格であった上賀茂神社なのに、その斉王は伊勢神宮に習います。伊勢神宮に学ぶ事は多かったのでしょう、つまり三重県にある伊勢神宮が遠かったので上賀茂神社を分社的な要素で扱ってきたのではないでしょうか。

Nara0157

その伊勢神宮より格が上と感じられる神社が大分県の宇佐神宮です。この宇佐神宮から上賀茂神社に至るルート、もちろん春日大社などいくつか省いていますが、これは天皇家が旅をしたルートではないかと言われています。天皇家が朝鮮半島出身かどうか言われると反感を持つ人もいますが、今の朝鮮半島と日本と言う「国の形」を考えるから気になるだけで、もっと冷静に物理的に考えるべきです。当時は天皇家があたかも中国から離れて行くように京都に至るルートが見えます。その起点が朝鮮半島にないのか、その発見は無理ではないでしょうか。

Nara0170_2

さてここで、ルートに乗ってこないのが出雲大社です。この話は「逆説の日本史」(井沢元彦)がわかりやすくまとめてくださっています。歴史書として読むかフィクションとして読むかは個人の好みによりますが、歴史好きにとっては別格の面白さです。

Nara0183

彼の本を読んでいると旅が楽しくなりますよ。

Nara0165

« 原発再稼働の違和感「USJ10周年」 | トップページ | ハイブリッドの時代がやってきた「USJ10周年」 »

コメント

色んな紅葉の写真、綺麗ですね~
下から 番目の写真が 私はすごく好きです♪

紅葉の場合写真ではなく紅葉自体がきれいなんですよ。今は桜がきれいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発再稼働の違和感「USJ10周年」 | トップページ | ハイブリッドの時代がやってきた「USJ10周年」 »

フォト
無料ブログはココログ