« 大仏殿は通り過ぎて「ならまち 2011」 | トップページ | 南大門「ならまち 2011」 »

2012年2月 6日 (月)

ネット広告とステマ「沖縄2011」

Osk0263

Blogを無料で楽しめるのはネット広告のおかげです。だから別に気にならないし時には買い物の参考になる事もあります。

しかし最近は極端に重いネット広告が多いように感じます。特に「楽天」。これが迷惑でBlogを引越ししたほどです。それでも楽しい広告なら良いのですが、購入した商品を常に表示すること…何か月も。どこの楽天サイトに行っても広告表示される、こちらのBlogでさえも表示されるのです。購入したので二度と買いませんから全く無意味です。興味のある商品の新製品を出してくれる、例えばアマゾンのような広告ならましです。興味のある分野の新刊本やCDが表示されればうれしいし、買う事も検討するでしょう…それでこそ広告。

Osk0266

もう一つの話題は「クチコミ」に対するステマ=ステルス・マーケティングです。食ログで話題となりましたが、どこのサイトでも行われているし立派な商売として成り立ちつつあるようです。本来クチコミと広告は紙一重。コストをかけてクチコミランキングの一位にするというのはおかしくないのですが、問題は利用者が広告だと思っていない事です。仕組みから言えば商業的なクチコミ利用は防げません。だったら「クチコミは一つの広告形態である」とすべきです。私はステマがあまり悪いとは思えません。お店の利点をプロの記述で書かれていることが多いし、実際に参考になります。素人の感情のこもった(時には悪意の)クチコミこそ信じられません。ただステマが「ライバルを蹴落とす」傾向に走らないように注意が必要です。

Osk0258

ネット販売は小売業にとって脅威です。店舗を持たない店員を置かないネット販売は劇的に値段を下げることができます。不況なのに大増税で苦しむ消費者にネット販売は防衛策になります。一円でも安いお店を簡単に検索で見つけることができるのですから。しかし新聞広告などに比べればネット広告はまだずいぶん「下手」で魅力を感じません。特に「重い」という現象はそのサイトを嫌いになる原因にさえなります。楽天が良い(悪い?)例で、最近まで普通に楽天で買っていましたが楽天のネット広告が氾濫して嫌悪するようになり、意地でも楽天を避けるようになってきました。これでは逆効果。

Osk0269

見たい時に「新聞折り込み広告並み」の情報が見たい時に見られる、そんなアナログな機能のほうが良いように感じます。

Osk0272

« 大仏殿は通り過ぎて「ならまち 2011」 | トップページ | 南大門「ならまち 2011」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

言われてみれば 楽天って広告が多いですよね
買った商品やチェックした商品がいつまでも表示されますよね
確かに嫌になりますね (;一_一)

そうなのですよね、別に広告は悪くないのですが、楽天スタイルの広告は嫌になるのを通り越して嫌悪感まで抱いてしまいました。あのタイプの広告が無ければ楽天で続けていたかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大仏殿は通り過ぎて「ならまち 2011」 | トップページ | 南大門「ならまち 2011」 »

フォト
無料ブログはココログ