« やさしい秋「ならまち 2011」 | トップページ | 奈良公園の紅葉「ならまち 2011」 »

2012年1月20日 (金)

個人と国家の境目「沖縄2011」

Osk0115

漁船対海保、問題は日本だけではありません。

加害者は「中国漁師」であることは間違いありません。しかし漁師個人であって中国国家が原因と言い切るのはどうか。特に領事館に発砲するという状況には疑問が残ります。抗議は問題ありませんが、暴力はよくありません。中国政府は確かに漁師をコントロールできていません。「領海」という認識が中華思想には薄い…なんて歴史的、文化的な背景を問題の原因とする事は間違っています。やはり、単純にコントロールができていません。それが意図的かどうかという問題はありますが。

Osk0110

共産党という一党支配の弱点は行政腐敗です。野党がなければ行政の腐敗を浄化する機能が弱く、賄賂さえ払えば何とでもなる社会でした。たとえば地方自治体が幼児の人身売買にまでからんでいるといううわさまであるほどですし、賄賂を表面化すれば中国のGDPははるか昔に日本のGDPを超えていたという話さえあるのです。中国漁師にとっては賄賂も払わず違法操業できる「領海外」は生活の一部になってしまっています。中国が「領海の拡大」に漁師を使っているという話もありますが、それは違うような気がします。漁師が全員領海の中で操業していても中国の海軍は領海の拡大に進出するでしょう。お互いの国の「歴史的背景」が領海を決める危うさではあります。尖閣諸島、竹島問題…お互いがお互いの歴史を振り回すので難しい。

Osk0111

しかし漁業の問題は個人の問題です。また中国政府も「漁師の問題だ、その国の法律で罰してよい」とすればいいのに、コントロールできていないことを隠したいからか「返還要求」とか「領土問題」とか持ち出すので話が複雑になっています。また日本や韓国も「中国政府が悪い」という表現はどうでしょうか。やはり個人を国内法で処罰する事が重要なのだと考えています。

Osk0116

そういう意味で尖閣諸島事故のビデオが流れた点には日本に非があると感じています…日本がコントロールしきれていなかったという面で。勘違いしないでほしいのは、衝突は中国漁師の責任です。「ビデオの流出」は日本政府がコントロールに失敗したことが原因であることは明白であり、日本は漁民どころか国家公務員までもコントロールできなかったのです。これは反省すべきです。とにかく事件や犯罪を混同して考えるのはアジア全体、世界全体の問題です。尖閣での衝突事故とその時のビデオ流出は別の問題なのですがどうしても混同されてしまう。韓国領海で中国漁師が犯した殺人と中国国家のコントロールの不足は結果と原因という意味でつながりはあるかもしれませんが、別の問題と考えます。

Osk0121

« やさしい秋「ならまち 2011」 | トップページ | 奈良公園の紅葉「ならまち 2011」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やさしい秋「ならまち 2011」 | トップページ | 奈良公園の紅葉「ならまち 2011」 »

フォト
無料ブログはココログ